2/21にひいたタロットカードは『ペンタクル6』の逆位置です。

投稿日:

おはようございます。2/21にひいたタロットカードは『ペンタクル6』の逆位置です。
今日『ペンタクル6』の逆位置をひいた、『ペンタクル6』の逆位置が気になったあなたは「自分を過小評価(過大評価)しないように注意する」と良いでしょう。

『ペンタクル6』は慈善・慈悲という示唆として紹介されることがありますけれど、日常生活、特に恋占いで慈善ってピンと来ないイメージですよね。
「広い心で」みたいな解釈にすることも出来ますけれど、それなら『女帝』とか『』とかでも良さげなイメージです。

『ペンタクル6』は小アルカナのペンタクル、即ち「労働・金銭・現実」であり、それが「6」即ち調和している札です。
お金を渡す・貰う関係性で調和している状況が示されていますので、労働に対して対価を貰う、誰かから評価を得る事を示唆している、と考えるのが妥当でしょう。

そんな『ペンタクル6』が逆位置で示されているので「思ったより評価されない」あるいは「思いの他評価された」のように、自分に対する評価が何らかの形で示される事を暗示として捉える事が出来るわけですね。

『ペンタクル6』を人間関係として見るなら会社の同僚・上司、あるいは取引先のような「仕事関係」の人に何らかのご縁がある事を示唆している事が多いようですね。

それでは今日も良い一日を。

●『ペンタクル6』のカード解説は、こちらもご参照ください。

タロット占いのご依頼をお待ちしております

-今日のタロット

Copyright© TarotNavi , 2017 All Rights Reserved.