『タロット象徴事典』井上教子著

更新日:

この本は【上級者向】です。
タロットカードに書かれている絵を著者なりに解説した【図像解説
占い上の意味としての【解釈】を主に掲載しています。

タロット解釈実践事典』の後著にあたるこの本はタロットの象徴解説を中心とした一冊となっています。
ヴィスコンティ版、マルセイユ版、ウェイト版は言うに及ばず、キャリー・イェール・パック、ベルガモ・パックなど歴史的なタロットに描かれている図像を俯瞰した傑作です。

但し、シャッフルやカットのやり方や、スプレッドの紹介は一切ありません。
タロットにある程度慣れてきて、より深くタロットの事を知りたいと思う方向けです。

この手の書籍としては伊泉龍一氏の『タロット大全』がありますが、個人的には『タロット象徴事典』のほうが綺麗に纏まっていると感じます。

ウェイト版に関しては「ウェイト版による象徴解釈」と別個に掲載されているのが良心的だと感じましたし「タロットマスターを目指して」のコーナーは井上先生の独自視点でタロットを解説していますので、タロットに描かれた象徴について知りたい方のみならずタロット解釈の幅を広げたい方も一読してみると良いと思います。

個人的には「起こり得るできごと」「恋の行方は・・・?」は無くても良かったかな?と思いますけれど、マイナス要素と言う程ではないと思います。
大アルカナに照応がついているのも(欠けている項目もあるとはいえ)親切といえるでしょう。

『タロット解釈実践事典』に見られるように、タロットの解説をしていると思ったらカバラの解説になっている・・・というようなカオス感が無く、読みやすく、そして綺麗に纏まっているな、と感じる一方で『タロット解釈実践事典』に収録されているタロットの周辺情報が削られているのが残念といえば残念ですし『タロット解釈実践事典』に見られた解釈を段階的に見せる手法も今回採用されていないのが「惜しい」かな、と思いました。

書籍の構成としては前後編で大アルカナと小アルカナを紹介し、随所にコラム的にタロットに関連する情報が掲載されている、という形になっています。

タロット占いのご依頼をお待ちしております

-

Copyright© TarotNavi , 2017 All Rights Reserved.