「 初心者向 」 一覧

『もっと本格的にカードを読み解く 神秘のタロット』吉田ルナ監修

2016/08/09   -

この本の見どころは大小アルカナのカード1枚ずつをフルカラーで紹介しながら「カードの見どころ」を紹介している点にあります。
カードの象徴を紹介している書籍は他にもありますが、フルカラーで紹介している書籍は恐らく国内では、この本だけと言えるでしょう。
カードに何が描かれているのかを知る為の一冊としてお薦めします。

『スグヨミフレンドリータロット』いけだ笑み著

2016/08/09   -

ホラリー占星術の第一人者として知られるいけだ先生が執筆をされていらっしゃいます。
160Pで2100円と「高額いかな?」と思わなくもありませんし、一部内容に問題があると思える箇所もあるものの、タロット入門者にお薦め出来る一冊といえるでしょう。

『ザ・タロット』藤森緑著

2016/08/09   -

若干の問題点はあるものの、ウェイト版タロットを学ぶ入門書としてお薦めの一冊。

『もっと本格的にスプレッドを極める 魅惑のタロット』吉田ルナ監修

2016/08/09   -

この本の見どころは大小アルカナのカード1枚ずつをフルカラーで紹介しながら「カードの見どころ」を紹介している点にあります。
カードの象徴を紹介している書籍は他にもありますが、フルカラーで紹介している書籍は恐らく国内では、この本だけと言えるでしょう。
カードに何が描かれているのかを知る為の一冊としてお薦めします。

『はじめてでもよくわかるタロット占い入門』森村あこ著

2016/08/07   -

アルケミアタロットの製作者である森村あこ先生によるタロット解説書です。
アルケミアタロット専用の解説書ではなく、ライダー・ウェイト版タロットとアルケミアタロット、およびマルセイユタロットの解説を総合的にしている一冊です。

『初めてのタロットカウンセリング 仕事・人間関係編』ステラ・ボンボヤージュ他著

2016/08/07   -

本書は『初めてのタロットカウンセリング恋愛編』の姉妹本であり、掲載されている内容が仕事・人間関係のほうにシフトしている以外の基本構成は『初めてのタロットカウンセリング恋愛編』と一緒です。
ただ『初めてのタロットカウンセリング恋愛編』より後に編集されたということもあって、個人的には読みやすい印象があります。

『初めてのタロットカウンセリング 恋愛編』ステラ・ボンボヤージュ他著

2016/08/07   -

この書籍は、前半ではそれぞれのカードが「状況」「心境」「原因」「結果」「対処法」に展開された時、どのように読むのかを文章で解説し、後半では、1つの質問に対してリーディングの上手い人とそうで無い人がどのように読むのかを比較して紹介しています。

『鏡リュウジのタロット占い』鏡リュウジ著

2016/08/07   -

冒頭で鏡先生は、この本を「カンニングペーパー」である、とお書きになられていますが、個人的には初心者が「カンニングペーパー」として使うのは若干ハードルが高く、ある程度リーディングが出来る人が示唆の幅を広げるには、ちょっと物足りないように思います。

『いちばんやさしいタロットの教科書』ルナ・マリア著

2016/08/07   -

ウェイト版・マルセイユ版それぞれがフルカラーで紹介されており、正逆それぞれのキーワードが示されている点はとても良いと思います。
タロットに描かれている象徴に対する解説が掲載されず、キーワードとキーワードに対する説明が正逆ともに掲載されていますから、タロットの雰囲気を知りたいという人にはうってつけの1冊といえるでしょう。

『タロット占い完全マニュアル』浅野太志著

2016/08/07   -

本書は後発本であるが故に「損をしている」部分が多いかな、というのが読んでの感想です。
個人的には「完全マニュアル」と言う言い方や「タロット占いに革命をもたらす」というキャッチコピー、ユニバーサルウェイトをベースにしたオリジナルの解釈(他の書籍では見たことがない)と「問題点」もありますし、「完全」と謳ってしまったが故に初心者向けと捉えると色々書かれすぎていて混乱しそうではありますが、もう少し評価が高くても良いんじゃないかな・・・とは思います。

Copyright© TarotNavi , 2017 All Rights Reserved.