「 中級者向 」 一覧

『タロット 未来を告げる聖なるカード』A.T.マン著

2016/08/09   -

1996年発行で古書扱いですが、タロットの解説書の古典的な一冊といって良いでしょう。
「です・ます」調ではなく「だ・である」調であり、改行も少ないのでとっつきにくい印象はあるものの、RWSに描かれた象徴を分かりやすい言葉で解説しています。

『簡単でわかりやすいタロット占い』LUA著

2016/08/09   -

大アルカナは3つ、小アルカナは1つのキーワードを掲出し、そのキーワードをベースに、絵解きをする感じで読んでいます。個人的にはカードの中を案内してゆくスタイルはとても良いと思います。「タロットカードに描かれている世界」の中を旅をしてみたいとお考えの方にお薦め出来そうです。

『タロットスピードレッスン』アレクサンドリア木星王著

2016/08/09   -

日本のタロット界の草分け的存在である木星王先生によるサンプルリーディングを中心とした一冊。
「愚者はストップカード」のように、他ではあまり見かけない解説もあるものの、掲載されているリーディングは「なるほど」と思えるものもあり、学べるところのある一冊といえるでしょう。

『タロットバイブル』サラ・バートレット著

2016/08/07   -

描かれているのはウェイト版タロットをベースとしている、 Lo Scarabeo社から発売されているUniversal Tarot (Lo Scarabeo Decks)(同名のタロットはUSGAMES社などからも発売されていますのでお間違いなく)であり、オリジナルのウェイト版とは描かれ方が異なります。

『上級タロット占術』アレクサンドリア木星王著

2016/08/06   -

本書でタロット画像として使われているのは『カグリヨストロのタロット』および『スカピーニのタロット』です。
「正義」が8「力」が11、小アルカナが絵札ではない、いわゆるマルセイユ系配列でありながら、解釈は木星王先生独自のもの、という印象を受けます。

Copyright© TarotNavi , 2017 All Rights Reserved.