カップ8

更新日:

img_6306

【概要】

『カップ8』のタロットカードが持つイメージは”方針の変更”です。
「積み上げて来たもの」から遠ざかるようにも見えますが、考え方を変えるというようにも見えます。

積み上げられたカップを背にして、杖をついて立ち去る男。
彼は既に川を渡り、山に向かおうとしています。
空には、彼を見つめるかのように月が浮かんでいます。

【ディテール解説】

●積み上げられたカップ

8つのカップは、一つが欠けているかのように見えます。
この事から「完成寸前」「達成間近」という示唆が読み取られます。

●杖をつき、立ち去る男

カップを背に、杖をついて山に向かう人物が描かれています。
カップと人物の間には川が描かれていて、この人物が「立ち去る決意」を固めたように見えます。
完成した、あるいは完成寸前の状態から「立ち去る」というのはどのような心境でしょう。
ガッカリしたのでしょうか、それとも違うと思ったのでしょうか。
あるいは完成させる事に意味を見いだしていないのでしょうか。
いずれにせよ、彼には立ち去るだけの十分な根拠があるのかもしれません。

●空に浮かぶ月

空には三日月と満月が合体したかのような月が浮かんでいます。
この月は大アルカナの『』ではなく、神秘性の象徴であったり、不安の示唆として描かれていると考えるのが妥当でしょう。

●カップと男の間に流れる川

8つのカップと立ち去る男の間には川が流れているのが見えます
「川を越えた」ということは、彼が「カップを積み上げた場所」に帰る意志がもう無いことを暗示しています。

●遠くに見える山

遠くに見える山は険しく、立ち去る彼の行く手を阻んでいるかのように見えます。
彼は落胆したから山に向かうのでしょうか。
それとも何かを放棄してでも新しい分野に挑戦をしようと決意したのでしょうか。

●愛が/動く

小アルカナの「8」に共通する示唆は「反響・動き」です。
これにカップの示唆である「愛情・受動性」を組み合わせると「愛が動く」と読む事が出来るでしょう。

完成を目前にした状況から立ち去るということは、それがどのような理由であれ自分の中にある「愛」が動く、ということですからね。

【解釈の例ー正位置 】

状況:今までの状況から立ち去る・方針を変える・途中で放棄する
心境:熱がさめる・シラける・興味を失う
対策:迷いを断ち切る・自分に欠けているものを探しに行く時

【解釈の例ー逆位置】

状況:目的の完遂・成果をあげる・立ち去らないで頑張る
心境:喜び・復活・好転
対策:諦めるべきか考え直す・様子を見る・継続を考慮する

タロット占いのご依頼をお待ちしております

-

Copyright© TarotNavi , 2017 All Rights Reserved.