愚者

更新日:

img_6226

【概要】

『愚者』のタロットカードが持つイメージは”旅人”です。
彼の心は純粋で、何にも束縛されない自由で純粋な存在といえるでしょう。

世界一深い絶壁の淵に豪華な衣装を着た若者が立っています。
彼の足取りは重力に束縛されていないかのように軽やかで、彼の眼差しは足元ではなく前方の空に注がれています。

彼の足元で犬が飛び跳ねています。
彼の足は止まっていますが、この儘歩いても自分の体を天使が支えてくれると信じているようです。

彼は左手に白い薔薇を持ち、奇妙な刺繍が施された袋をぶら下げた高価な棒を右手で担いでいます。
彼は知性と期待に満ちた表情を浮かべた異世界から来た王子であり、経験を求める魂そのものです。
彼の背後で輝く太陽は、彼がどこからきて、どのような道筋を辿り、どこに帰るのかを知っています。

【ディテール解説】

●絶壁の淵に立っている

『愚者』と呼ばれる青年は、絶壁の淵に立っています。
彼はこの先どうすると思いますか?
崖に向かって進むでしょうか。それとも引き返すでしょうか。

●白い犬

『愚者』の足元に白い犬がいるのが見えます。
犬は忠実なお供ですが、時に警告を与えます。
犬は『愚者』と共に楽しそうに躍っているように見えるでしょうか。
それとも警告を与える存在に見えるでしょうか。

●豪華な衣装

『愚者』の着ている服は豪華なのは、彼が「異世界から来た王子」であることを示しています。
彼は旅人であり、自分の知らない世界に対して『愚者』であり、これから向かう未知の世界の事を考え、ワクワクしています。

●軽やかな足取り

『愚者』は地球の重力にすら束縛されないほど軽やかであり、彼が「自由な存在」であることを示しています。

●肩に担いだ棒と袋

彼の荷物は肩に担いだ棒と袋だけです。
彼はバックパッカーのように身軽ですが、棒につけた荷物は「これだけは大事なもの」だと思っているのかもしれません。

●背後の太陽

『愚者』は白く輝く太陽(大アルカナの『太陽』は黄色です)に照らされています。
この事から大いなる力に後押しをされている、という示唆を読む人もいます

●手に持つ白薔薇

『愚者』が持っているいる白い薔薇は彼の心が純粋であることを示しています。

●黄道12星座を示すベルト

『愚者』の腰に巻かれているのは黄道12星座を象徴している、と言われています
彼は旅人として星座を旅する存在であることを象徴しているのかもしれません

【解釈の例ー正位置】

状況:常識に当てはまらない行動・現状から離れようとしている・現状から離れてしまっている
心境:自由奔放・純粋・恐れを知らない・聞く耳を持たない
対策:可能性を信じる・自分を信じる・先ずは行動を

【解釈の例ー逆位置】

状況:無計画・用心深すぎる・困窮
心境:いい加減・他人の言いなり・勇気が出ない
対策:自分の意志を確かめる・勇気を持つ・計画を立てる

タロット占いのご依頼をお待ちしております

-

Copyright© TarotNavi , 2017 All Rights Reserved.