カップ2

更新日:

img_6300

【概要】

『カップ2』のタロットカードが持つイメージは”心の交流”です。
運命のように引き寄せられた二人の気持ちが通じ合い、ここから物語が始まるイメージですね。

若者と乙女がお互いに誓いをたてているのが見えます。
二人が掲げる盃の上にカドゥケウスが顕現し、翼の間にはライオンの頭が出現しています。
遠くに小高い丘が見え、建物が立っているのが見えます

【ディテール解説】

●男女が向き合い乾杯をする

男女が向き合って乾杯をしているところから「意志の疎通」「出会い」という示唆を受け取る事の多いカードです。

●顕現するカドゥケウス

カドゥケウスは伝令使の杖、通信・流通の神とされ、単なる意思疎通だけではなく、情報伝達や、交流など広い示唆として用いられることもあります。
カドゥケウスは盃の間にある「絡みあった蛇とヘルメスの翼」であり、ライオンは除外されます。
目立つので勘違いしやすいですし、間違って教えている人もいるようですね。

●小高い丘の上に建つ家

『カップ2』には、小高い丘と家の描写がありますが、この描写を占いに反映されている例は皆無に近いように感じます。
杯を交わす男女だけで、占い的には十分ということかもしれませんが、カップのカードには何枚か家が描かれていますので「彼らが向かう家」であるのかもしれないですね

●愛情を/選ぶ

小アルカナ の「2」に共通する示唆は「選択・均衡 」です。
かたまりだったものが二つになって「白・黒」のような二項となったり、選択の対象となったりするイメージです。

これにカップの示唆である「愛情・受動性」を組み合わせると「愛の選択」というように読むことが出来ます。
誰かと交流をする、誰かと出会うということは「愛を交わす相手を選ぶ」ですね。
とはいえ、二人はまだ出会ったばかり、お互いの気持ちを確かめ合ったという段階で、その気持ちは初々しいものといえるでしょう。

【解釈の例ー正位置 】

状況:出会い・交流・コミュニケーション
心境:心が通じ合う・信頼関係が生まれる・ときめき
対策:お互いの気持ちを確かめ合いましょう・信頼関係の構築を

【解釈の例ー逆位置 】

状況:離れてゆく二人・愛情が冷める・未来が感じられない
心境:歩調が合わない・一方の思いが強い・温度差
対策:コミュニケーションを大事に・話を聞く・出会う機会を作る(増やす)

タロット占いのご依頼をお待ちしております

-

Copyright© TarotNavi , 2017 All Rights Reserved.