恋占いで『カップ3』の逆位置が出たら「関係が1歩前進する」と読むことがあるのは何故ですか

更新日:

 質問
カップの3の逆位置のところに
(恋占いの場合)関係が1歩前進する
いう示唆がありますが、何故なのでしょうか?
これはカップの3のどういうところから来ているのでしょうか?
とても興味深い示唆なのでよろしければ御教授ください(∀`*ゞ)

質問者:アサコさん

 回答
カップ3』のタロットカード解説の冒頭に”『カップ3』のタロットカードが持つイメージは”仲間・乾杯”です”、と書きましたように、『カップ3』は「お友達・仲間」が主題となっている札です。
カップ2』が2人の男女が向かい合っていて「他の人物が描かれていない」のに対し、『カップ3』には3人の人物が描かれています。

「3人よればかしましい」という言葉もありますが、2人では友愛の関係になるものも3人、あるいはそれ以上になると「仲間・友達」の関係になっていきがちですよね。
友愛を育みたいなら「コッソリ2人で抜け出す」事になると思います(笑)

恋占いで『カップ3』が出る時というのは恋愛の初期段階、場合によっては片思いだったり告白してもピンと来ていない時に出やすいです。
勿論『カップ3』が出たからといって「別に女性がいるということですか?」と不安にならなくても良いです。
交際がある程度進んでいるのに『カップ3』が出る時というのは、お2人の関係が少し冷めていたり、距離があったり、腐れ縁的な感じの時にも出るイメージがあります。

いずれにせよ、”仲間・乾杯”というイメージを持つ『カップ3』が逆位置で出たわけですから、その示唆が「どのように”変化”する」のだろう、と考えるわけですね。
逆位置については「逆位置を取る・取らない」とはどういう事ですか?でも解説していますが『弱体化・障害・経過・誤用・警句』のいずれかである、というように考えるのが基本です。
・・・小難しい感じになりますが、要するに「正位置から得られる示唆が変化するのが逆位置」って事ですね。

『カップ3』の逆位置が、恋占いで出た時に「関係が1歩前進する」予兆として読むのは、今までの「仲間」だったり距離のある(緊張感のある)関係が「弱体化」するという示唆だからです。

【ご注意】恋愛占いで『カップ3』が出たからと言って必ず「関係が1歩前進する」と読むわけではありません。
他のカードとのバランスや、ご依頼の内容によっては「関係が1歩前進する」ではなく、例えば「緊張感の欠如」「友達のようなユルい関係」と言うように読む事もあります。

●ワンポイントアドバイス●
小アルカナで複数の人物が描かれている札は描かれている人達の力関係はどのようなものに見えるかを観察してあげることが、リーディングを一歩深める手助けになると思います。
例えば『ソード5』と『ワンド5』、『カップ6』と『ペンタクル6』の人物の描かれ方にどのような違いがあるのかを観察してみることをお薦めします。

 

タロット占いのご依頼をお待ちしております

-

Copyright© TarotNavi , 2017 All Rights Reserved.