ココナラでご依頼を頂いたらTwitterに自動投稿する方法(重要な追記あり)

更新日:

【重要】2019年4月1日より、IFTTTはGmailとの連携が出来なくなりました。
以下のエントリは記録(ログ)として残しますが記載している作業を行っても満足の行く結果にならない事をご了承ください【必読】


ココナラでご依頼を頂いたら、Twitterに「ご依頼を頂きました。ありがとうございます」という内容のツイートをサムネイル画像付きで自動的に投稿したいですよね

ご依頼頂くと手動で投稿されている方もいらっしゃるかと思いますけれど、自動で投稿出来るならそのほうが良いですよね。

こんな感じ。
特徴としては「ココナラで設定したサムネイル画像を入れることが出来る」「クリックするとご依頼頂いたサービスを閲覧できる」を挙げることが出来ます。
Twitterのようなソーシャルメディア上に投稿することで「こんなサービスを提供しているんだ」と多くの方にに知って頂く切っ掛けにもなると思います。

勿論手動でも出来るのですけれど、ご依頼を頂いたタイミングで投稿出来るとも限らず、忘れてしまうことも。
このエントリはココナラでご依頼を頂いた時、Twitterに自動で投稿をする方法を書きたいと思います。

工夫次第でInstagramにも投稿出来る筈ですし、ココナラ以外のサービスでもサービス提供側からメールでご依頼があった旨の通知を受けられるなら使う事が出来ます。

自動投稿をする為に必要な条件

条件と言いますと少し大げさに聞こえるかもしれませんけれど、これからご説明をする内容を実行するには必要です。

Googleアカウントを持っている・作れる

これからご説明する内容はGoogleアカウントをお持ちか、お持ちでなくても作成することに抵抗が無いことが最初の条件となります。
何を馬鹿な・・・とお感じになられるかもしれませんけれど、Googleを嫌っている方がいらっしゃるのも事実。
これからご紹介する内容はGoogleアカウント無しでは実現出来ないことをご理解ください。

ウェブブラウザでGmailを閲覧できる

皆さんはEmailをどのように閲覧・送信していらっしゃいますでしょうか。
Microsoft提供のOutLookのようなメールソフトをお使いの方も多いかと思いますけれど、今回のご案内はウェブブラウザでGmailを閲覧することが2つ目の条件となります。
普段メールソフトを使っていますとウェブブラウザでメールを閲覧・送受信するという感覚は分かりにくいものがあるかもしれませんけれど、少なくともココナラからのメールをgmailなどに振り分ける・転送するなどはウェブブラウザ経由で作業して頂く必要があります。

パソコンもしくはタブレットを所有している

これは必須ではないかもしれませんけれど、スマートフォンですと、ちょっと作業がやりにくいかな、と思います。
・・・まあ私が「この手の作業」をスマートフォンでやったことが無いだけで、皆さんは出来るのかもですけれど。

ココナラの登録メールがGmailではない場合

これは条件と言うよりは注意点なのですけれど、ココナラに登録されているメールアドレスがGmailではない場合、Gmailに転送することをご検討くだし。
と言いますのも、メールアドレスを変えると通知が来なくなる現象を私が体験しているからです。

私の場合、初期登録もtarotnavi専用ではないgmailだったのをtarotnavi用に変えようとして上手く行かなかったので消極的選択として現在もtarotnavi専用ではないgmailを使っています
もし、ココナラをGmail以外のアカウントでお使いで、Gmailに変更しても通知が来ているという方がいらっしゃいましたら教えてください。

Gmailでラベルを作成する

本エントリでは「Googleでアカウントを作成し、Gmailをウェブブラウザで閲覧出来る状態にある」事を前提に話を進めていきます。
本来であればGmailの使い方やウェブブラウザ上でメールを閲覧する為にはどうすれば良いのかもご説明したいところですが、エントリが長くなりますので割愛させて頂きます。

①Googleにログインした状態でGmailをウェブブラウザで開き、右端にある『ギアのアイコン』をクリックしますと窓が開きます。
②窓が開きましたら『設定』をクリックしてください。

 

③選択肢の中から『フィルタとブロック中のアドレス』をクリックしてください。

 


④『フィルタとブロック中のアドレス』をクリックしましたら『新しいフィルタを作成』をクリックしてください。

 

サービスを複数出品している場合、ラベルを複数作る必要があります。
意図した通りにラベルを分ける為「From」「件名」「含む」の3項目に入力してください。

⑤From の項目に no-reply@mail.coconala.com と入力してください(ココナラからの連絡用メールアドレスです)
⑥件名 の項目に 出品サービスが購入されました と入力してください(トークルームでのやり取りにラベルを付けない為です)
⑦含む の項目に あなたが出品しているサービスの名称の中から5~10文字くらいを入力してください。
長さは任意ですが、ご自身の出品している他のサービス名と重複しないよう注意してください
⑧すべてを記入しましたら『続行』をクリックしてください

※注:「From」「件名」「含む」のいずれかを省略したり間違ったりしますと、ラベルが思ったように付かないことがあります。

 

⑨ラベル条件を記入し『続行』をクリックしますと上記のようなウィンドが開きますので『ラベルを付ける』をクリック「分かりやすい名前」を付けてください。
ラベルに付ける名前は他のラベルと重複しないよう留意してください。
⑩ラベルを付与したら『フィルタを更新』をクリックしてください。

手順①~⑨を提供しているサービス分繰り返します。
提供しているサービスが1つだったり、Twitterに流したいサービスが1つ場合、ラベルは1つでOKです。

こんな感じでフィルタが出来ればオッケーです。

iftttのアプレット制作 ①Gmailラベルとの連携

ここからはiftttでの作業となります。
https://ifttt.com/ に遷移し、アカウントを作成してください。
ifttt、という言葉を初めて見た方も多いと思いますので簡単に説明しますと「もしある条件が(if)」「指定した場所で発生したら(this)」「指定した事を(then)」「指定した場所で実行する(that)」というものです。
邦訳に難がありますが「大体そんな感じ」と覚えてくださいw

iftttは英語ということもあってハードルが高いのですけれど「ご依頼のメールを貰ったらツイートする」というような事をやってくれたり、ワークショップなどの告知を定期的にTwitterに流してくれたりもします。
アプレットというのは、スマホで言うところのアプリと同じですが、既に用意されているものを使うのではなく、ご自身で作業しなければならないのもちょっとだけハードルが高いです。

iftttを利用するに当たってアカウントを作成する必要があります。
特に問題がなければ先程作成したGoogleアカウントで作成しても良いかもしれないですね。

⑪アカウントを作成し、ログインをしましたら右上にあるご自身のアカウントをクリックします。
⑫クリックしますとウィンドが開きますので『New Applet』をクリックしてください。

⑬いきなりこんな画面が開いて戸惑いますけれど『This』をクリックしてください。
最初は面食らいますねw

⑭開いた窓で「gmail」と検索するとGmailのアイコンが出ます。
⑮「Gmail」のアプレットが表示されますのでクリックしてください。
下の一覧から探せますけれど検索したほうが多分早いです。

⑯「Gmailと連携しても良い?」みたいな事を聞かれますので『Connect』をクリックします。
この作業は一回だけ行えば次回からは省略できます。

⑰『Gmailでラベルを作成する』で使用したGmailアドレスを入力してください。
⑱入力を完了しましたら『次へ』をクリックしてください。

⑲アプレット一覧の中から『New email inbox Labeled』を選んでクリックしてください。

⑳Gmailで作成したラベルを入力してください。尚、ラベルはサブフォルダ化することが出来ますが、ここの説明では省略しています
㉑『Create trigger』をクリックしてください。

iftttのアプレット制作 ②Twitterとの連携

gmailのラベルとの連携が終わりますと、次はtwitterとの連携です
(エントリが長くなるので項目を分けていますが、『iftttでアプレットを制作する』はひとつの作業となっています)

㉒gmailと連携が出来ているので『this』の部分がgmailになっているのが確認出来ます。
この状態で『that』をクリックしてください。

㉓アプレット一覧が開き、twitterのアイコンをクリックしてください。
本エントリを執筆している2019年1月10日時点では「一番左上」にTwitterのアイコンがありますので検索するまでもなくクリック出来る筈です
もし見つからない場合はGoogleの時と同様に検索窓でTwitterと検索してくださいね。

㉔アプレット一覧の中から『Post a tweet』をクリックします。

㉕Twitterに投稿をしたい文章を暫定的に入れてください。
㉖投稿したい文字を入力したら『Create action』をクリックしてアプレットの仮作成を終了させてください。

ここで「暫定的に」と書いていますのは、一旦ここでアプレット制作を中断し、投稿したいurlをココナラからコピーする作業を行うからです。
段取りとして考えるなら作業開始前にurlをどこかにコピーしたり、タブブラウジングをしたりすることでアプレット制作を中断することなく作業を継続することも出来ますけれど、このエントリではアプレット作成を一旦中断し、ココナラでurlを取得し、アプレットを修正するという流れでご案内しています。

『Create action』でアプレットを作成しましたらご面倒でも「ちゃんとアプレットが出来ている」事をご確認になられてから次の作業に移ってくださいね。
アプレット作成作業はTwitterと連携させたい分をまとめて作っておくと後で楽です(コピー・ペースト出来ませんので、ひとつずつ作らざるを得ないのが難点です)

iftttのアプレット制作 ③ココナラurlの取得と埋め込み

iftttでアプレットを暫定的に作成しましたら https://coconala.com/mypage/services_lists に移動してください。
ログインをしていれば、出品サービス一覧を閲覧出来ます(urlは同一ですが、ユーザー単位で個別のページが表示される仕組みになっています)

㉗ココナラでログインをしましたら、iftttで自動ツイートをしたいサービスの右下にある『シェア』をクリックしてください。
開いた窓から『ツイートする』をクリックしてください。

㉘Twitterの投稿用ウィンドが開きますので http://coconara.com/services/***** と表示されている部分をメモ帳などにコピーしてください
(*****の部分は5桁~6桁の固有の数字です。サービス単位で数字が異なりますので十分注意して作業を進めてください)

urlのコピー作業も手慣れていれば必要なサービス分一括でやることも可能です
(どのサービスがどのurlに対応しているかわかるように表題付けるなどして保管してください)
作業の方法は、ご自身のPCスキルとご相談の上、作業をされてください。

㉙ココナラのurlをコピーしましたらiftttに戻り『My Applets』をクリックしてください。

㉚urlを入れたいアプレットをクリックしてください。

㉛アプレットを開いたら、右上のギアマークをクリックしてください。

㉜アプレットをスクロールし『Tweet text』の枠内にコピーをしたurlをペーストしてください。
㉝『Save』をクリックし、修正を確定させてください。

補足事項

作業は以上です。お疲れ様でした。
なお、簡単ではありますが補足事項を。

短時間で連続した自動投稿は出来ません

これはTwitterの仕様だと思いますけれどiftttのような自動投稿システムを利用して連続投稿は出来ません。
1日何件ものご依頼を頂いた場合、全ての投稿を自動的に投稿出来ないことがあることをご理解ください。
iftttの挙動はActivityで確認することが出来ますが、ここでは説明を割愛します。

期待した通りの動作になるまで時間が掛かることもあります

このエントリはどなたでもご理解頂けるよう配慮をしているつもりではありますが、必ずしもすべての方がここで解説しているやり方で上手く行くとは限りません。
多くの場合は、ちょっとした書き方の間違いですけれど、メールの転送などで躓くケースもあるかと思います。

作業をしていて上手くいかない、良く分からないとお感じになられましたらTwitterの@tarotnavi宛ダイレクトメッセージでご相談くださっても構いません。
但し「全然分かりません」というのでは対処のしようがありません。
「どの作業をやっていて、どこで詰まったのか」出来れば画像をキャプチャした形でご相談頂ければと思います。

タロット占いのご依頼をお待ちしております

-占いコラム

Copyright© TarotNavi , 2019 All Rights Reserved.