【特別寄稿】出回る海賊版タロット 楠瀬啓(WITCHCRAFT EDUCATION NETWORK)

更新日:

本エントリは、WEN楠瀬啓さんから頂いた『海賊版タロット』の情報を紹介しています。
楠瀬さんとは『本物の魔女になる為のガイドブック』が縁で繋がりを得ており、私がタロットコレクションに関する小冊子を執筆した関係で啓発を兼ねて寄稿を頂きました。
※以下はWEN楠瀬啓さんからの寄稿です。 文中「わたし」と記載があるのは楠瀬さんの事を指します。
※文中に掲載した写真はtarotnaviやまだが実際に正規版と海賊版をツテを使って入手したものを使用しております。
尚、本エントリを執筆するにあたって検証の為に特殊なルートを使用し海賊版タロットを入手していますが、海賊版タロットを購入することを推奨しているものではありません。

※このエントリは、特に重要ですので、情報が追加され次第日付を更新して告知しております。

出回る海賊版タロット

私が海賊版タロットの存在に気づいたきっかけは、Ellen Duganの「Witches Tarot(魔女のタロット)」が、オークションやフリーマーケットで不自然なほど出回っているのに気づいたことでした。

アマゾン以外ではほとんど輸入販売されておらず、アマゾンでも大量に売れているようには見えないタロットです。
そのタロットが、本来付属しているはずの専用解説書なしに、カードのみで多数出回っているということが奇妙に思えました。
新品未使用、未開封のものが(「確認のためにカードは開封したが未使用」と書かれているようなものもあります)安い値段で売られていることも不思議でした。
安く売られているタロットを実際に手にする機会があった私は、紙質の悪さ、想像以上の小さいサイズに驚き、そのタロットが「海賊版」ではないかということに思い当たりました。

Witches Tarotは、アメリカのオカルト出版社Llewellyn社から出ています。Llewellyn社は時々、カードと本のボックス入りセットを出します。
「大きな外箱(ボックス)の中に専用解説書(薄い小冊子ではなく、数百ページあるような本です)とカードが入ったセット」です。
私が知っている範囲になりますが、このボックス入りセットでは、カードそのものには箱(カードサイズの箱のこと)がありません。
外箱を開くと、中に解説書とカードが入っていますが、カードは、外箱の内側に作られた「くぼみ」に直接収められているのが普通です。

それなのに私が手に入れたWitches Tarotは、カードだけが、カードと同じサイズの箱に入っていました(Llewellyn社のボックス入りセットを実際に知っている私には、海賊版であることを疑う決定打でした)。
カード箱は、異常なほどに文字が小さく、文字が読めませんでした。
気になって調べ始めた私は、作者のEllen Duganがはっきりと「Witches Tarotの海賊版が出回っている。それはカードのみで売られている。本来このタロットは必ず解説書とセットである」と発言しているのを発見しました。(※やまだ追記: https://twitter.com/Ellen_Dugan/status/1169978154850627584 で著者自らが「購入者は低品質のWitches Tarotが出回っています。常にISBNをチェックしてください」と警告しています)

同じ頃、別の出版社のタロットになりますが、「Wildwood Tarot」も、不自然なほどに安い値段で「新品、未開封品」がオークションなどで多数出回っていることに気づきました。
これも本来、専用解説書とともにボックス入りで売られておりカードそのものには箱がないのに、オークションなどではWitches Tarot同様、カードが専用の箱に入って単品で売られていました。
このタロットも、調べるうちに、製作者が「香港から海賊版が出回っている。偽物には解説書がついておらず、カードサイズの箱に入ったカードだけが売られている」と警告しているのを確認しました。
さらに調査を続け正規版の情報と比較した結果、この2つに関しては、日本で売られているものに海賊版が混じっていることをはっきりと確認しました。

果たしていつからこれらの海賊版が日本で出回るようになったのかは分かりませんが、すでにフリーマーケット、オークション、中古販売などを通じて、かなりの数が出回っており、買っている人も多いようです。
中には知らないまま海賊版を買って転売したり、好みではなかったために譲渡したりしている人もいるでしょう。

しかし何個も同じデッキを連続して販売している人たちがいることを考えると、中国系の海賊版タロット販売サイト(そのような販売サイトがあるのは確認済みです)からまとめて輸入販売している業者・個人がいるか、海賊版輸入販売で稼ぐことを指南している人がいる可能性すらあると思います。
中国系の業者が日本のオークションに出品していることもあります。

「安いから気にせず買う」という人もいるでしょう。しかし言うまでもなく海賊版タロットは違法であり、製作者たちにお金が全く入りません。
儲かるのは海賊版販売業者だけです。

タロットの質という現実的な部分でも問題があります。海賊版は正規版より質が劣ります(詳しくは後述します)。
海賊版を買うことは、質の悪い違法な海賊版をサポートしてしまうことです。
今後、さらに海賊版製作・販売を拡大させてしまう可能性もあるでしょう。
個人情報が、怪しい業者に流されるという危険性も無視出来ません。

どうか、タロットを愛するなら、海賊版を買わないように意識して下さい。

正規版と海賊版の見分け方

このWitches TarotとWildwood Tarotの海賊版は次のような特徴があり、正規版と見分けるための助けになります(同じ海賊版タロットでも違いがあることもあります)。

専用解説書がついておらず、タロット単体が、カードサイズの箱に入って売られている


本来、どちらのタロットもカード単品では売られていません。
タロットによく付属しているような、ステープラー留めの短い小冊子も付いていません。

専用解説書が付いていない代わりにカード箱にQRコードが印刷されている。

スキャンすることでガイドブックにアクセス出来るようになっているものもある(QRコードがないものもある)。
QRコードのガイドブックはリンク切れのこともある。 (※やまだ注:写真のQRはアクセス出来ないよう、加工しています)

海賊版カードの箱は、正規版の外箱(縦の長さが20cm程度ある)をそのまま縮小してカード箱にしたものなので、文字が非常に小さくなっており、読みにくい。

どちらのタロットも正規版よりカードが小さい

Witches Tarot正規版は縦の長さ11cm、Wildwood版は12cmあるのに対し、海賊版はそれぞれ9.7cm、10.5cm程度。
紙質はどちらも正規版より悪く、薄い。
カードの色彩も正規版のように鮮明ではない。

海賊版は箱にISBNが記載されていない

 

箱にカードの名前がなく、箱の横に「Guidance of Fate」と印刷されているものがある(正規版ではそれぞれ出版社が違うタロットなのに、海賊版では同じロゴと文字が印刷されている)。
このタイプの海賊版は、カードの名前を伏せて、もしくはグーグル翻訳を使ったような妙な日本語名によって販売されていることもある。

海賊版は中国系サイトで、日本円で1,000円もしない値段で売られているようです。
日本でも1,000円前後で売られていることが多いようですが、最近は、本物のように見せるためか、2,000円近く、時には3,000円近い値段で売られていることもあります。

この情報が広まり海賊版の存在が知られるようになると、海賊版販売者たちも対策を取るようになるかも知れません。
正規版にさらに似せた海賊版が出てきたり、海賊版を正規版だと思わせるような売り方がされるようになる可能性もあります(カードのサイズを書かない、QRコードが印刷されたカード箱の写真を見せない、など)。

本当に正しい対策は1つだけ

本当の意味での対策は1つだけです。
アマゾン(マーケットプレイスや、アマゾンを通じて販売している他の業者・個人を除く)、魔術堂、ニチユーといった信頼出来るルートで買うことです。
安いからといって、今でも正規ルートで購入出来るタロットを、中古やオークションで買わないのが一番安全です。

海賊版はebay、Wishなどにも出回っていますので、海外経由が安全ということもありません。
私が「魔女、ペイガン」に興味があるためこの2つのカードを特に調査して取り上げましたが、実はこれら以外にも海賊版と思われるタロットがオークション、フリーマーケットでたくさん出回っています。
誰もが知っているようなWaite Smith版は言うまでもなく(Centennial Edition含む)、以下挙げるタロットは間違いなく、もしくはほぼ間違いなく海賊版が存在し日本でも販売されています。

これらが海賊版だと判断する根拠はWitches Tarot、Wildwood Tarotの海賊版と同じで、「本来解説書とともに箱に入っているボックスセットなのに、カード箱入りの小さめサイズのカード(正規版のサイズにかかわらず海賊版は縦10.5cmと表記されているものが多い模様)のみが、「新品、未開封」として通常は安価で売られており、箱にQRコードが印刷されている」ということです。

Witches Tarot、Wildwood Tarotの海賊版を販売している人が同時に扱っていることがあるのも、疑わしい点です。

購入の際はご注意下さい

以下のタロットは、海賊版が確認されているものです。

繰り返しますが正規ルートでの購入を強くお勧めします

・Mystical Cats Tarot
・Wild Unknown Tarot
・Shadowscapes Tarot
・Good Tarot(日本語版は正規の翻訳版)
・Prisma Visions Tarot
・Tarot Familiars
・Legends Tarot
・Animal Totem Tarot
・the wheel of the Year
・日本神話タロット 極

その他、オラクルカード、ルノルマンカードにも海賊版と思えるものがいくつもあります。
(2019/10/05 Mystical Cats Tarot、日本神話タロット 極 追加)

海賊版を発見した方、新情報がある方は@tarotnaviまでご連絡下さい。

 

最後に今回海賊版として特に調査した2つのタロットの、正規版について、情報をまとめておきます。

タロット名:Witches Tarot
作者:Ellen Dugan
イラストレーター:Mark Evans
出版社:Llewelyn Worldwide
付属ガイドブック:The Witches Tarot Companion(312ページ)
魔女Ellen Duganによるウイッチクラフト(魔女術、魔女宗。魔女を、悪魔崇拝ではなく古い多神教の神々を称える男女だと解釈した宗教的・魔術的実践体系)をベースにウエイト版をアレンジしたタロット。

タロット名:Wildwood Tarot
作者:Mark Ryan、John Matthews
イラストレーター:Will Worthington
出版社:Sterling Ethos
付属ガイドブック:The Wildwood Tarot(160ページ)
ペイガン(唯一神ではなく神話に出てくるような神々を称える自然中心主義の多神教実践者)の季節の祝祭、ヨーロッパのシャーマニズム、神話、森の伝承などをベースにしたタロット。

タロット占いのご依頼をお待ちしております

-占いコラム

Copyright© TarotNavi , 2019 All Rights Reserved.