「 参考書籍 」 一覧

The Art of Tarot Cards CD-ROM and Book

2017/08/20   -

この本は【参考書籍】です。 Visconti-Sforza tarotなど11種類、800近いタロットの画像が収録されています。 歴史的なタロットやレアなタロットを簡単に閲覧することが出来たり、ロイヤ ...

『タロットの宇宙』アレハンドロ・ホドロフスキー著

2016/12/27   -

この本はカモワン・タロットを復元した立役者のひとり、映画監督にして芸術家、20世紀のアートシーンに多大なる影響をおよぼしたアレハンドロ・ホドロフスキーによるカモワンタロットの解説書です。
『タロットの宇宙』は、日本語で読む事の出来る数少ない-現状日本国内で購入出来る唯一と言っても良い-カモワンタロットの解説書であり、思想書となっています。

『タロットの歴史 西洋文化史から図像を読み解く』井上教子著

2016/08/10   -

『タロット象徴事典』 『タロット解釈実践事典』の著者である井上教子先生が、西洋文化史を縦軸に、2種類のヴィスコンティ版(キャリー・イェール、ベルガモ)、5種類のマルセイユ版(ノブレ、ヴィーヴル、ドダル、バーデル、コンパー、カモワン)、ライダーズ・ウェイト版と言ったタロットカードをフルカラーで掲載しながら描かれた人物や象徴を解説した一冊。

『数秘術の世界』伊泉龍一著

2016/08/09   -

伊泉氏は数秘術の本を2冊出しておられますが、こちらは古いほうです。数秘術の歴史を解説しながら、ディスティニーナンバー、ソウルナンバー、パーソナティーナンバー、およびパーソナルイヤー・マンス・デイ・ナンバーの算出方法を解説しています。

『タロット解釈実践事典』井上教子著

2016/08/09   -

4500円と高額であり、手が出しにくいのですが、タロットカードの個別の解説にとどまらず、カバラ秘術やリーディングの手法まで広範囲に網羅している一冊です。
ですがタロットカードの解説・解釈と、タロットカードの周辺の解説が一見入り組んでいるように見えること、情報量が多くとっつきにくい事、アマゾンレビューにも散見されるように「太陽から死を読み取る」のように、言いたい事はわからないではないものの、ちょっと飛躍しているかなと感じる書き方がされているというのはありますね。

『タロット教科書1』マルシア・マシーノ著

2016/08/09   -

タロットを学ぼうと思ったら一度は耳にしたことのある「魔女の家」系の一冊です。ワークのやり方はカードの解説からではなく、ワークを先に体験し、そこから解説に向かうというアプローチをしているのが特徴です。ですが、実占に使いにくい構成は挫折をする人もいるように思います。

『Pictures from the Heart Sandra』A. Thomson著

2016/08/09   -

伊泉龍一先生が『タロット大全』で紹介しているタロットに関する象徴を中心に解説した英文の辞書。
ウェイト版タロットのみならず、トートタロットなど複数のタロットの象徴を紹介しているので、若干読みにくいですがウェイト・スミスタロットに関しては「RWS」の記述と共に記載されていますので拾い読む事も可能です。

『タロット教科書2』栄チャンドラー著

2016/08/08   -

普段あまり目にしない珍しいスプレッド(展開法)が多数紹介されています。
プロの占い師でもケルト十字だけで占うという方もいらっしゃるように、 掲載されているスプレッドを知らなければプロになれない、ということは無いと思います。

Copyright© TarotNavi , 2017 All Rights Reserved.