偽ルノルマンカードにご注意ください

出回る海賊版タロットをWEN楠瀬さんに寄稿頂いてから、沢山のお問い合わせを頂いております。
その中でも「ルノルマンやオラクルカードにも偽物が存在するのでは」というお問い合わせを多数頂いており、今回『出回る海賊版タロット』からスピンオフする形で、本稿を執筆することとしました。

ここ数年、ルノルマンは日本でも盛り上がりを見せ、プロのルノルマン占い師さんも増えてきました。
中にはタロットに触れたことがない、という方もいらっしゃる状況の中、記事をわけたほうがわかりやすいのではないか、と考えての事です。

出回る偽ルノルマンカード

今回取り上げるのは『Under The Roses』というルノルマンカードです。
『紳士・淑女・子供』のカードがそれぞれ2枚ずつあったり、一部のカードの名称が異なっている、18枚を使った展開法の紹介など、独自の世界観を持ち、人気のカードとして知られています。
※文中に掲載した写真はtarotnaviやまだが実際に正規版と海賊版をツテを使って入手したものを使用しております。
※また本エントリを執筆するにあたって検証の為に特殊なルートを使用し海賊版ルノルマンカードを入手していますが、海賊版ルノルマンを購入することを推奨しているものではありません。

本物と偽物の違い

以下の『Under The Roses』の本物と偽物の特徴を記載致します。

●本物は箱が緑色で印刷も上品であるのに対し、偽物は茶色掛かっていて印刷もペタっとしている
●本物は箱の底面にISBNおよびバーコードが印刷されているが、偽物はQRコードが印刷されている
●本物には「USGAMES社」のロゴ(タロットの『愚者』の影絵)が入っているが、偽物には無い
●本物には英文解説書が入っているが、偽物には無い
●本物より偽物のほうがカードの箱が小さい(解説書を入れていない為)
という特徴があります。

なぜ偽ルノルマンを買ってはならないか

タロットカードについても言える事ですけれど、偽ルノルマンを「安いから」「検索して出てきたから」という理由で購入するのは控えましょう。
買う前に「これは本物か」を確認するのは面倒な話ですけれど、それでも偽物を買ってはならないのは「ルノルマンカードを作った人に利益が渡らない」だけではなく「あなたの個人情報が偽ルノルマンを販売している事業者に渡る危険性」があるからです。

偽タロットでも箱に印刷されたQRコードを読み取ろうとしたら挙動の良くわからないアプリをインストールさせようとしたり、海外からの謎の着信が増えたり、迷惑メールが増えたという報告を貰っています。

偽ルノルマンに印刷されたQRコードでも同様の事が起きないとは限りませんし、仮に何も起きなかったとしてもカードを購入するにあたって、あなたの住所、氏名、メールアドレスと言った大切な個人情報が違法行為を行っている事業者に渡ってしまう危険性があることを十分に理解してください。

ルノルマンを買うときは十分注意しましょう

偽タロット同様、偽ルノルマンが多く流通しているのはメルカリやヤフオクといったオークションサイト・個人売買をメインとした場所です。
オークションや個人売買では思いがけない掘り出し物が入手出来たり、安く買えるというメリットがある一方で本物と偽物の区別がつきにくく、購入には十分な注意が必要です。
タロットカードにおいても言えることですが、偽ルノルマンはAmazonのような場所でも平然と販売されています。
これは「マーケットプレイス」という個人でもAmazonにお店を作ることの出来るシステムを使っているからです。
Amazonで出回っている偽ルノルマンは種類が少ないので、以下に示す「簡単な対策」を抑えていれば大丈夫かな、と思います。

すぐにでも出来る簡単な対策

「パっと見ただけでは本物か偽物かの区別がつきずらい」とお考えの方も多いと思いますので、極めて簡単な本物と偽物の見分け方を記します。
なお、この見極め方に当てはまらない本物・偽物も一部あるかもしれませんけれど、偽ルノルマンカードとして私が把握しているルノルマンカードについては以下の見極めかたで殆ど問題なく対処出来る筈です。

信頼出来るお店で買う

とても当たり前のことですけれど、ニチユーさんや魔術堂さん、あるいはルノルマンやタロットの取り扱いがある書店さんで買い求めましょう。
タロットやルノルマンカードの取り扱いをしていないようなお店でも、オラクルカードの取り扱いがあるお店でしたら注文したら取り寄せてくれる場合もありますよ(必ずではありませんので念の為)

ISBNコードが記載されている

通信販売で売られているルノルマンカードには「原則として」ISBNと呼ばれているコードが付けられています。
これは国際的に定められたコードであり、重複することなくつけられていて、現在は「ISBN10」もしくは「ISBN13」と呼ばれるコードが付けられています。

ルノルマンカードも原則としてはISBNコードが付けられていますので「ISBNコードが付けられているか」を購入の参考基準としてください。
※但し、正規品であってもISBNのついていないルノルマンカードも存在することは理解してください。

カードメーカーが表記されている

ニチユーさんやヴィジョナリー・カンパニーさんのようにカード解説や小冊子が付きますと、ISBNコードが外されてしまいます。
また、個人で制作しているルノルマンカードは、ISBNコードの存在しないものもあります。

少部数販売のカードの場合、作者さんが販売されていたり、委託先が明記されていることが殆どですから、そちらを参考にされてくださいね。

以上の情報をしっかりと確認していれば、余程のことが無い限り海賊版タロットを購入することを避けることが出来るでしょう。

偽物の流通が確認されているルノルマンカード

以下のルノルマンカード、海賊版が確認されているものです。
各ルノルマンカードのISBNコード・カード制作・販売会社を付記しました。
ISBNもしくはカードメーカーの記載が無いカードは原則として偽物の可能性があります
(※注 但し、版が変更されたり、英語版・ドイツ語版のように複数のカードがある場合は複数のISBNが存在することもあります。変だな?と思いましたら@tarotnavi宛ご連絡ください。)

海賊版を発見した方、新情報がある方はTwitterの@tarotnaviまでご連絡下さい。
繰り返しますが正規ルートでの購入を強くお勧めします

Easy Lenormand (ISBN-10: 9780738747125 /  Llewellyn Worldwide)
Fairy Tale Lenormand (ISBN-10: 1572817976 / U.S. Games Systems)
Gilded Reverie Expanded Edition  (ISBN-10: 157281893X / U.S. Games Systems)
Mystical Lenormand (ISBN-10: 1572815345 /  AG Muller )
Lo Scarabeo Lenormand Oracle Cards (ISBN未取得 / Lo Scarabeo)
Under the Roses Lenormand (ISBN-10: 1572817607 / U.S. Games Systems)

Fin De Siecle Kipper ISBN-10: 157281845X / U.S. Games Systems)

カード販売者様へのお願い

諸般の事情からISBNを表記することが困難な場合もあるという事情は理解しております。
ですが「カードメーカー」を書いたり「正規品」であるという記述をすることは可能な筈ですし、正面撮りだけではなく、箱を傾けて撮影し「QRコードは無い」「カードメーカーのロゴが入っている」などを見せることは可能な筈です。

また、販売事業者名を検索してウェブサイトが存在している、特商法の表記がどこかで確認出来ることも購入を検討する者の安心材料となるということを理解して頂ければ幸いです。
私がこの記事を記述しているのはカード販売事業者様の足を引っ張ることが目的ではなく、健全な商品の流通が目的であることをご理解頂ければ幸いです。
ご理解のほど、よろしくおねがいいたします。

-

© 2020 TarotNavi