毎日の運勢を占うとき、なぜワンオラクルなのですか

更新日:

 質問

やまださん、こんばんは。毎日の運勢を占うとき、なぜワンオラクルなのですか。
その方がいい理由はあるのでしょうか。
占いの練習のためということならば、例えば3枚引きでもいいのではないかと思いまして。

https://peing.net/ja/q/b53f6eba-fe83-4dc1-9b30-35defe6ff4e7

 回答

1枚引きが「タロット占いの最小単位」だからです。

あなたが3枚引きをしようとケルト十字を毎日やろうと、あなたがそう決めたなら自由です。
ですけれど「タロット占いを教える立場」として「1枚引き」以外、例えば「毎日3枚引きましょう」と書いたら「1枚じゃ駄目なんだ」って思われますよね。
個人的には3枚が読めるなら1枚は読めると思いますけれど、1枚が読めない人に3枚は難しいと思っている、というのもあります。

私が占いの講師として皆さんにお伝えしたいのは「あなたが毎日継続してやりやすいやり方をしましょう」という事です。
タロットの1枚引きは3枚を引くよりは障壁が少ないだろうと私が考えているに過ぎません。

毎日やるのはタロットでもルノルマンでもオラクルカードでも占星術でも同じです。
1枚引きを推奨するのは「粒度(小ささ)」を可能な限り小さくしているに過ぎませんから、3枚引きやケルト十字のほうが良いと思うならそうすれば良いでしょう。
占星術でもいきなりチャートを読むよりは3個組のアストロダイスの「惑星・星座」の組みを一ヶ月くらい投げて、その項目を本から書き留める作業をするのがお薦め。
占星術記号も惑星記号もハウスの概念も理解せずにいきなり3個投げるのハードル高くね?くらいな発想ですよ。

このやり方はルーン、易、ルノルマンでも応用出来ますし、ダイエットや英会話にも応用が効くと気づくでしょう(事実私は1年で約15キロの減量に成功しています)
1枚引きというのは要するに毎日1回、学びたい占いに触れる口実を作っているに過ぎません。

挫折せずやるには、それこそ歯磨きや食事をするくらいの感じで「気がついたら毎日やっている」くらいで取り組めるようにするのが良いのです。
物凄くしんどい事が起きて精神がズタボロな状態で泣きながらでも一枚引きをしたことありますけれど「何やってんだろな」と思いながらも続けることが出来たのは「粒度が最小限」だったからなんだと思います。

継続は力、と言いますけれど、歯磨きが習慣化出来ているならタロットだって毎日出来るはずですし、歯磨きをするくらいの気持ちで毎日やって頂きたい。
歯磨きするくらいに生活の中に定着してから解釈をしてみたり日記に書いても遅くはないと思うんですよ。

タロットは魔術の一環だ、と良く言われますけれど、真の魔術は歯磨きレベルの気軽さで毎日継続し続けること。
その為には「自分にぴったりなやりかたを探すのがベスト」なのですけれど「教える側」としては「ベストなやり方を見つけましょう」では不親切だと思うので「粒度の小さい」1枚引きを推奨しているのです。

タロット占いのご依頼をお待ちしております

-

Copyright© TarotNavi , 2019 All Rights Reserved.