絵の解釈がわからないときはどうしたらいいですか?

投稿日:

 質問

絵の解釈がわからないときはどうしたらいいですか?
ウェイトスミス版なら、書籍やネットでの解説が豊富にあるので、絵やシンボルがすぐに理解できますが、他のカードは、この人物は何をしているんだろう?とか、この道具は何だろう?これはどんなシチュエーション?など、考えてもわからないことがたくさん出てきます。
大体分かれば細かいことは無視するか、自分の解釈で読んでしまっていいのでしょうか?

https://peing.net/ja/q/57caef41-b530-482a-b48a-91a769121aa8

 回答
解説書があるなら参考にしたほうが良いですけれど、解説書に特に記載がなければ、自由に解釈なさって良いと思います
・・・まぁ、その先に「タロットコレクション」という「沼」があると思いますけれどね(*´艸`*)

ウェイト版と「どこが違うか」「どこが共通しているか」考える

私がウェイト版以外のタロットとして最初に購入したのは『モーガングリアタロット』

『30年以上売れているロングセラー』という宣伝文があり、パッと見てウェイト版に似た印象はあるけれど、雰囲気が違ったので購入してみた・・・のですがこれが意外と手強く。
モーガングリアタロットを解説している書籍も殆ど存在していなかったので(※)、ウェイト版と見比べながら「何が描かれていて何が描かれていないか」を検証しながら少しずつ「手になじませ」てゆきました
結論からいえば、この作業が私のタロットリーディングのスキルを格段に向上させる事に寄与しました。
(※英文の小冊子を頑張って入手しましたが、あまり役には立ちませんでした)

ユニークなのに直感的に「入ってくる」タロットもある

ウェイト版タロットとは全く絵柄が異なってくるのに、見た瞬間、心に訴えかけてくるタロットもあります。
私にとって『スピリチュアルタロット』はその代表格といえるタロットです。

宇野亞喜良先生がイラストを手掛けていらっしゃり、独特のタッチで描かれているのですが、見た瞬間「これは好きだ」と一目惚れのように購入したタロットです
大アルカナしかありませんので、ご依頼には使用していませんが、気持ちが沈んだときに開く愛用のタロットのひとつです。

「手強いタロット」から学びを得る

初心者向けのようにみえて「手強いタロット」も存在します。
例えば『運命のタロットカード』がその良い例です。

イギリスでは高い評価を得ているタロットなのですが、予想以上の手強さで、ウェイト版と見比べながら「手になじませ」てゆくと、ウェイト版の解釈の幅を広げることに寄与出来る筈

観賞用としか思えないタロットも存在する

タロットカードの中には観賞用としか思えないタロットも存在します
具体的な名前は控えますが、海外製で美麗な印象のあるタロットは最初のうち避けたほうが良いかもしれません。
ただ、観賞用のように思えたカードも、ふとした瞬間に「読める」ときもあるのも事実。
毎日、穴の開く程見るのではなく、時々思い出したように見たほうが良いのかな、と思っています。

ようこそ、タロットコレクターという『沼』へ

「このタロット綺麗だな」「ぐぬぬ・・・読めぬ」「読めた!」「じゃあこっちのカードはどうかな」
この繰り返しが、10、20・・・とタロットを増やしてゆくことになるのです(笑)
私はタロットの講座もやっている関係上、メインで使用しているのはウェイト版タロットですが、タロットコレクションは200近くあったりします(^^;
沢山あれば良い、というものでもありませんけれど、リーディングスキルを伸ばすには「ウェイト版プラス別のタロット」の購入をおすすめします。

タロット占いのご依頼をお待ちしております

-

Copyright© TarotNavi , 2019 All Rights Reserved.