オリジナルスプレッドを作る時のポイントってありますか?

更新日:

 質問

オリジナルスプレッドを作る時のポイントってありますか?
https://peing.net/q/89fae4e0-6910-4589-910e-6941f5b13501

 回答
即興的でスプレッドを組んでその場限りでもう二度と使わないならあまり考えなくて良いと思いますけれど、何度も使いたいなら「あなたが使いやすいこと」「目的を果たしていること」「見た目が格好いいこと」だと思います。

あなたが使いやすいこと


ヘキサグラムやケルト十字など、既存のスプレッドではなく新しいスプレッドを作るわけですから、他の人はともかく「あなたが」使いやすいことが肝心です。

私も休憩を兼ねてスプレッド作りをやることがあるのですけれど「見た目は格好いいけれど・・・」というのは良くありますw

例えば上記の画像ですが『占』という文字をモチーフにしたスプレッドなのですけれど「どの場所に何を割り当てるか」とか「何を目的としたスプレッドなのか」が全く思いついていないスプレッドのひとつですwww

後述しますように「見た目」はとても大事な要素ですけれど「どこにどんなポジションを割り当てるか」を考え、それが「自分の手に馴染むか」を検証してください。
同じ内容でもポジションの配置の仕方によって占いやすくも、占いにくくもなると思います。

目的を果たしていること

スプレッドを組むのですから例えば「方位を占いたい」ですとか「失せ物を探したい」ですとか「復縁専門のスプレッド」みたいな目的がある筈です。

例えば「方位を占いたい」なら東西南北だけで良いのかですとか「失せ物を探したい」なら「具体的な場所を知りたいのか、具体的な場所を知るにはどんなポジションが必要か」を考える必要があります。

スプレッドのレイアウトを決めるための紙でなんとなく決めたら実際に占ってみて「条件を満たしているか、満たしていないとするならそれはどのような要素か」を考えながら配置する順番やポジションを修正してゆきましょう
ポジションの設定は「あまりザックリしすぎず、かと言って細かすぎない」のが良いと思っています。

スプレッドを仮組しないで、いきなりスプレッドをタロットでやっても良さそうな気もするのですけれど、仮組用の紙はタロットより小さいし、枚数も少ないので「ちょっと時間の空いたときの息抜き」にやれるんですよ。

良い感じに組めたかな、と思ったらスマホで写真撮っておいて、もう少し時間のあるときに試してみる、上手くいかなかったら「どう組めば良いか」を考える・・・を繰り返す感じです。

私が重視するのは「障害」と「核心(現状)」の2枚なので、他は「何を要素として加えるか」考えながら過不足ないように考えています。

・・・とはいえ、これが難しいんですよ。
リレーショナル・スプレッドは鑑定の現場でも愛用しているスプレッドですが、1時間も掛からずに手応えを感じたスプレッドなので、時間を掛ければ良いというものではないっぽい。

目的を果たしていること

鑑定の現場で使うのですから「見た目が綺麗」であることは大事です。
ケルト十字のような非対称スプレッドでも良いと思いますけれど「良い感じ」なスプレッドにしてゆきたいですね。

以前新しいスプレッドを作りました。 他の人がもうやっているかもしれないのですが、オリジナルと言ってもいいものでしょうか?というご質問を頂きましたので、良かったらそちらも参考にしてください。

スプレッドを仮組する為の画像データを配布していますので、厚紙とかに印刷して使って頂けると嬉しいです。
https://i1.wp.com/tarotnavi.com/wp-content/uploads/2018/10/9e826b576a39068c7ba07a8fa5fcb666.jpg

タロット占いのご依頼をお待ちしております

-

Copyright© TarotNavi , 2019 All Rights Reserved.