双子の運命は同じになりますか?

投稿日:

 質問

双子の運命は同じになりますか?
似たような時期に似たような人と知り合い、似たような時期に結婚するなど。
https://peing.net/ja/q/d46e9bad-bb62-4a81-b3dd-9e0c74a65901

 回答
双子だからと言って同じ運命を辿るとは限りません。

双子の研究は沢山行われて来ていますが、中には「同じような運命」を辿る双子、例えば双子同士で結婚をする、という人もいるのだそうですけれど、全く異なる人生を歩む人もいるそうですね。
私に求められている回答というのは「双子が同じ運命を辿らないとしたら、星占いは何の為に占うのか」という疑問なのだ、と思います。

私は『星占い』が嫌いだった

今でこそ占い師・占い講師として活動をし『東京アストロロジースクール』で鏡先生・賢龍先生から直接星占いの事を勉強している身なのですけれど、私は星占いが嫌いでした。
星占いが嫌いだった理由は「牡牛座は行動が遅い」と多くの星占いの情報に書かれているからです。

私には「牡牛座っぽい」ところもあります。
毎日占いを書くみたいな継続性は「牡牛座っぽい」と思われるかもしれないですね。
ですけれど「牡牛座っぽくない」面も沢山あります。

先程書きましたように、私の出生図を「私の」だと思って読めば、私の気質「のようなもの」を「読む」ことも出来るでしょう。
ですけれど、私が既婚なのか未婚なのか、結婚しているならいつなのか、学歴や職業は何なのかなどを「出生図だけ」から読むのは難しいです。

出生図からは「どんな運命を辿るのか分からない」

出生図からは男女すら分からない、というのは良く知られた話です。
私の出生図は「私の」だと思って読むから意味があるのです。

鏡先生も『占星術の教科書』で

たとえ同じ時刻に生まれた双子でさえ、同じ運命や心を持ちませんし、もっと言えば、同じ時刻、ほとんど同じ場所で生まれっる猫だっているかもしれないではありませんか

と書いていらっしゃいますように、生まれた時の星の配置が「あなた自身の運命を決定している」訳ではないのです。

星は誘えど強制せず

『星は誘えど強制せず』とは、トマス・アクィナスという人が残した言葉ですけれど、私は占い師としてこの言葉を心に刻んでいます。
あなたの出生図がどのようなものであれ、出生図があなたの人生が決定付けるわけではありません。

ある特定の時期に立って自分の出生図やトランジット・シナストリーなどを見ると、まるで自分の姿を鏡にうつしたかのように雄弁に物語ってくれるのが占星術の不思議で、そして面白いところですが、双子であるか双子でないかは関係なく、出生図のチャートから「読める」ことが必ずしもあなたの人生そのものではない、ということを端的に表現した言葉だと思います。

『配られたカード』を活かす

『人生は配られたカードで生きるしかない』というのは漫画スヌーピーに書かれた言葉なんだそうですけれど、双子の人生が違うとするならば「出生図というカード」を「どう使ったか」が違うのかも知れないですね。

占星術用語のひとつにハードアスペクトというものがあります。
星同士が重なるコンジャンクション、星同士が向き合うオポジション、星同士が90度の角度を取るスクエアがハードアスペクトと呼ばれるものなんだそうです。
私の出生図でいえば土星と水星がスクエアという構図です。
土星を困難の星、水星を知性の星と考えるなら「おーまーえーはーあーほーかー」ってなるw

実際私は大学も行けなかったくらいに勉強が苦手です。
学ぶことが面白い、と感じたのは働くようになってからです。
勉強が苦手だった学生時代も、勉強が好きになった社会人時代も私の出生図に変わりはありません。
私の出生図において土星と水星がスクエアというのは「配られたカード」であり、それを活かしたか、向き合うことが出来なかったかの違いなのだと思います。

大事なのは「土星と水星がスクエア」という「配られたカード」を「どう活かすか」なのではないでしょうか。
牡牛座の気質として知られる「行動が遅い」というのも「慎重派」なのだと考えれば良いのかもしれません。

タロット占いのご依頼をお待ちしております

-

Copyright© TarotNavi , 2019 All Rights Reserved.