11/15にひいたタロットカードは『ペンタクルクイーン』の逆位置です。

投稿日:

ペンタクルクイーン 逆位置

おはようございます。11/15にひいたタロットカードは『ペンタクルクイーン』の逆位置です。
『ペンタクルクイーン』の逆位置を今日ひいた、今日気になったあなたは「仕事・対人の粒度にばらつきを感じるかも。ひとつづ丁寧に向き合っていく」と良いでしょう。

『ペンタクルクイーン』には庭園---というより、豊かな実りをもたらす森と表現をしたほうが良さそうな場所---にある玉座に座り、ペンタクルを大事そうにかかえている女王が描かれています。
彼女の足元にはウサギが描かれていることから、豊かな実りや、占い師によっては妊娠の示唆として読む人もいるようです。
(注1:ウサギは多産の象徴とされています)

『ペンタクル』は金銭・労働・現実を象徴し(注2)、『ペンタクルクイーン』はペンタクルを大事そうに見つめているのですから、逆位置で出ているときは「仕事が雑になりそう」「なにか大事なことを見落としていない?」というメッセージとして出るように感じます。

好きな人の気持ちとして『ペンタクルクイーン』が逆位置で出るときは、お互いの仕事やプライベートが忙しいですとか、おつきあいをする上で意見や価値観が噛み合ってないと感じているっぽいので「わたしにとって、あの人とお付き合いをするってどういうことかな。私はあの人のどういうところが好きなんだっけ」と自分自身に問いかけてみると良いですよ。

 

それでは今日も良い一日を。

●『ペンタクルクイーン』のタロットカード解説は、こちらもご参照ください。

(注2)占い師さんによって労働を象徴するのがペンタクルだという人とワンドだという人に別れますが「どちらか一方だけが正解」という訳ではありません。

タロット占いのご依頼をお待ちしております

-今日のタロット

Copyright© TarotNavi , 2017 All Rights Reserved.