1/31にひいたタロットカードは『月』の逆位置です。

「月」 逆位置

おはようございます。1/31にひいたタロットカードは『月』の逆位置です。
今日『月』の逆位置をひいた、『月』の逆位置が気になったあなたは「混迷する状況を解決する為の道筋をみつける/問題解決の為の計画の立案・見直しをする」と良いでしょう。

『月』のタロットカードの「占い上の意味」として良く知られているものに「不安」があります。
なぜ「不安」を『月』のタロットカードから読み解く事が出来るのか、と言いますと「夜道を月明かりを頼りに歩くのは不安」とか「月が女性性の象徴だから」というように捉えると分かりやすいかもしれないです。

ふたつの塔の間に輝く月は、湖から続く道を照らしているように見えます。
道は青く塗られた山(未知の土地)へと続きますが、月明かりを頼りに歩いてゆくことが出来るかもしれません。
道は私たちにとっての先人の案内であり、それをみつけ、辿ってゆくことで「今の場所」から「自分にとって知らない場所」にゆくことが出来る暗示でもあります。

さて、今夜は皆既月食だそうです。
天気予報では観測が難しい場所も多いそうですけれど、観測可能な地域の人は時間を作って空を見上げてみるのも良いかもしれないですね。

それでは今日も良い一日を。

『月』のタロットカード解説は、こちらもご参照ください。

-今日のタロット

© 2020 TarotNavi