1/15は『月』の逆位置。不安があっても「道」を探す・歩いてみる

「月」 逆位置

おはようございます。1/15にひいたタロットカードは『月』の逆位置です。
今日『月』のタロットカードをひいた、『月』のカードが気になったあなたは「不安があっても「道」を探す・歩いてみる」と良いでしょう。

月明かりに照らされた、ウネウネとした道が2つの塔の向こうに聳える青い山に向かって伸びています。
この道をゆけばどうなるものか。
「行けば分かるさ!」といえるのはプロレス界で名を馳せた人なのであって、私達は「そうはいっても」とひるみがち。

先行きが不透明、やり方が分からない、自分で出来る事はないように感じる・・・
道と言いますか、選択肢は「ある」にはあるような気もするけれど何か違うように感じる・・・
『月』のタロットカードは、そうした私達の不安を象徴していると言って良いでしょう。

『月』のタロットカードが逆位置で出ますと「不安が解消される」と読まれる事が多いです。私も良くそういうふうに読みますけれど、不安が解消されるから行動する事も、行動したら不安が解消される事もあると思うんですね。
先になかなか進めないよ、ってなるときは「何かできること」をちょっとだけでもやってみると案外悩みそのものを解決する手がかりをつかめることがありますよ。

それでは今日も良い一日を。

『月』のタロットカード解説は、こちらもご参照ください。

-今日のタロット

© 2020 TarotNavi