『中世絵師たちのタロット』オズヴァルド・ヴィルト著

投稿日:

本書はオズヴァルド・ヴィルトが所謂ウィルトタロットの解説をした貴重な資料である
オズヴァルド・ヴィルトはフリーメイソンに加入し、薔薇十字団の主要なメンバーであった。
彼はクール・ド・ジェブランがとなえたタロットエジプト起源説をベースにしながら、エリファス・レヴィによって魔術化したタロットをより洗練したものとして1889年、200部の限定でタロットを作成した。

本書には、ウィルトが1889年に作成したカードおよび1926年版の2種類のカードが美麗な印刷によって収録されている。
いずれのカードもフランス国立博物館(BnF)のウェブサイト上で閲覧できるが「紙」の状態で見る事によって得る事のできる情報は圧倒的であり、ヴィルトの足跡を辿る事に興味があるならば巻末綴込だけでも購入して損の無い一冊といえる。

さて、私はレビュータイトルに『黄金の夜明け団』由来ではない魔術タロット、と記述した。
この事を踏まえなければ、この本は全く意味をなさないであろう。

と言うのも私達が「占い札」として認知しているタロットカードは「ウェイト版タロット」であれ「トートタロット」であれ『黄金の夜明け団』という魔術団体の思想に立脚したものであるからだ。

カモワンタロットは『黄金の夜明け団』の思想に基づかないタロットであるのは言うに及ばないがオズヴァルド・ヴィルトのタロットも『黄金の夜明け団』とは異なる思想に立脚している。

従って、ウェイト版タロットやトートタロット、カモワンタロットを「占う」事を主軸にしている、そこから出る必要の無い占い師にはあまり縁の無い書籍といえるのかもしれない。

とはいえ。
そうした事実を差し引いても『中世絵師たちのタロット』は一読する価値がある、と私は考えている。
何故ならば、冒頭に記述したようにオズヴァルド・ヴィルトはエリファス・レヴィの影響を受けてヴィルトのタロットを、そして『中世絵師たちのタロット』を執筆しているからだ。

本書の中には当然のようにカバラ思想も含まれているが、黄金の夜明け団の思想とは乖離している。
だが、その乖離にこそ味わいが存在している。
また、帯にもあるように我が国にタロットが広まりつつある(※注)1970年代に活躍した種村季弘やアンドレ・ブルトンに影響を与えた書である、ということを思いを馳せたり「タロットとは何であるか」を考える上に貴重な資料となっているからだ。

さて、本書のタイトルである『中世絵師』というのはクール・ド・ジェブランが活躍したフランス革命前後に存在していた「遊戯札」としてのタロットカードの事を指す。
ジェブランのタロットカードエジプト起源説は、後年脆くも否定されるのであるが、フランス革命前夜のパリは「イシス神の行き着く場所・神殿」であるという話も存在し、その痕跡は現在のパリ市章にも残されている(パリ市のマークが船であるのは有名な話だ)

ジェブランと前後するように登場したエテイヤが当時遊戯札として人気のあったタロットに占いの意味を持たせ、それから数十年が経過してエリファス・レヴィがタロットに魔術的な意味を付加させている。

現存するタロットは1450年のイタリア、所謂ヴィスコンティタロットと呼ばれるもので、現在でもイェール大学に保管され、ウェブサイトで閲覧が可能であるが、オズヴァルド・ヴィルトが『中世絵師たちのタロット』として言及をしているのはクールド・ジェブランが「原始世界」という書籍で発表したタロットおよびフランス革命前後に流行し、現在もそのデザインが継承をされているマルセイユタロットである。

いずれにせよ、そうした歴史的背景を踏まえながら『黄金の夜明け団』とは異なる思想でレヴィやジェブランの思想を踏まえながら構築されたヴィルトの魔術的眼差しを見るということはタロットで占いをしている者にとっては非常に有益なものである、と言えるだろう。

タロット占いのご依頼をお待ちしております

-

Copyright© TarotNavi , 2019 All Rights Reserved.