『ザ・タロット』藤森緑著

更新日:

この本は【初心者向】です。
タロットカードを著者なりに解説した【解説
占い上の意味としての【解釈
を掲載しています。

若干の問題点はあるものの、ウェイト版タロットを学ぶ入門書としてお薦めの一冊。

第1章「The Meaning of Tarot」
大小アルカナの全てのカードを2ページずつ使って解説しています。
左ページにはライダー・ウェイト版タロットのカードがフルカラーで印刷され、絵の下にそれぞれのカードの説明が分かりやすく解説されています。
右ページには「全体運」「恋愛運」「仕事運」「金運」「その他」の5ジャンルの解釈が正逆で2~3掲載されています(ワンド4など一部は正逆が同じとしています)ので相談の内容によって出たカードをどのように解釈すれば良いかの参考材料として使う事が出来ます。

但し、同じ解釈が複数のカードに記述されていたり、宝くじに当たる、というような「占ってはならない」とされている解釈も掲載されています。
このあたりは賛否の別れるところかもしれませんが「載っているから占ってOK」とするのではなく、ご自身で判断されるのが良いでしょう。

第2章「Tarot Q&A」
前著にあたる『はじめてのらくらくタロット入門』『続 はじめてのらくらくタロット』に寄せられた質問をベースに初心者が迷いやすい事項に対する回答が寄せられています。
例えば「そもそもタロット占いに適する質問と適さない質問の違いについて教えてください」「占い途中のタブーを教えてください」「タロット占いに慣れてきたので、違う種類のタロットを使おうと思うのですが、何か気をつけた方がよい点はありますか?」など、Yahoo知恵袋でも良く見かける質問のみならず「意味が似ているカードの違いを教えてください」という質問では『戦車と力』『運命の輪と世界』のように具体的な例を引き合いに出しながら丁寧に解説してあり、初心者のみならず参考になるところは大きいと思います。

第3章「Tarot of Spread」
ケルト十字・変形ケルト十字・ヘキサグラム・変形ヘキサグラム・ホロスコープ・ナインスカードプレッドを紹介し、続く第四章「Tarot Case Study」ではそれぞれのスプレッドを使いながら恋愛・結婚、仕事、健康、人間関係、未来予測、その他の5項目を合計15の展開実例を交えながら解説してくださっています。

枚数の多いスプレッドをどのように読んでいくのかを具体的に紹介してくださっていますので、学べるところがあると思います。

タロット占いのご依頼をお待ちしております

-

Copyright© TarotNavi , 2017 All Rights Reserved.