二者択一・スプレッド

目次

ポジション

二者択一スプレッド

(1)キーカード
(2)Aを選んだ場合の人や状況
(3)Aを選んだ場合の結果
(4)Bを選んだ場合の人や状況
(5)Bを選んだ場合の人や状況

解説

迷いがあると曖昧な展開結果になることが多く、どちらか一方に背中を押してほしいときは「スパッ」と出る印象があります。
大アルカナだけでも占える枚数ですが、78枚全部を使ったほうが読みやすいかな、と思います。

ワンポイントアドバイス

リーディングしにくいときは「キーカードの問題を解決するには選択肢Aか選択肢Bか」ではなく「選択肢Aを取るとキーカードの行方はこのようになる」というような読み方をする、と良いでしょう。

個人的には対策および流れを掴める『アルタナティブスプレッド』もしくは正位置・逆位置で判断する『イエス・ノー スプレッド』もお薦めです。
悩みの内容によって使い分けてみると良いでしょう。

7枚引きの二者択一法(タロティストによってはホースシュースプレッドとして紹介しています)もあります。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

タロット・占星術を中心に、占い師・講師として活動をしております。
占いのご依頼は https://coconala.com/users/99298 にお願いします。

目次
閉じる