プラネタリー・ヘキサグラム

●ポジション

(1)過去・月:   悩みの経緯、もしくはあなたの感情の中心、不安を象徴します。
(2)現在・土星:  悩みの現状、もしくは立ちはだかっていること、試練となることを象徴します。
(3)未来・水星:  悩みの未来、もしくは知性を働かせる必要があること、知るべきことを象徴します。
(4)対策・木星:  悩みに対する解決法を象徴します。
(5)あなた・火星: あなた自身のお気持ち、もしくはあなたが積極的であることを象徴します。
(6)周囲・金星:  お相手の気持ち、もしくはお相手からみたあなたの魅力・あなたが輝く為に意識する必要のあることを象徴します。
(7)最終結果・太陽:占った内容がどのようになってゆくか、あなたが意識する必要のあることを象徴します。

●解説

通常のヘキサグラムに占星術的解釈を加えています。
星占いの事をあまり知らなくても「ポジション」に書いた事を参考にしながらリーディングすることによって、占星術的アプローチを加味する、という試みです。
勿論、このままでも十分面白いのですが、個人的には占ったタイミングのトランジットチャートやシナストリーなどに展開結果を載せたらどうなるか、も検討すると更に面白いかな、と思っています。

例えば「彼にメールしたのですけれどお返事が来ません(>-<)」という内容で、画像のような結果が出たとしますね。
解説するまでもなく、焦ることなくお返事を待っていればいいですよ、という感じに読めるのですが、これをホロスコープチャートに載せると

こんな感じになります。
例えば『ワンドペイジ』と『ソード6R』がコンジャンクションしながら『カップキング』とオポジット、魚座火星の『カップ2』がトラインして両者にエネルギーを送っている、というような感じでリーディングすることが出来るでしょう。
チャートがどのようであれ対策の木星および現状の土星、結果の太陽がどの星座・ハウスにあってどんなアスペクトを構成しているのか、あるいはノーアスペクトなのかもチェックするとリーディングがより深くなると思います。

 

-

© 2020 TarotNavi