『タロットの書 叡智の78の段階』レイチェル・ポラック著

更新日:

タロットバイブル』の著者、レイチェルポラック先生によるタロットカード解説を中心とした一冊。
大アルカナは8ページ、小アルカナも1ページ弱という非常に細かい解説が行われており、井上教子先生の『タロット象徴事典』と双璧をなしているといえるでしょう。

この手の解説本である井上教子先生の『タロット象徴事典』が象徴解説を丁寧にされているのに対し、こちらはレイチェル・ポラック先生のタロット観に基づいた解説本となっています。


大アルカナを『愚者』以外の21枚を7枚ずつの3段階の物語として捉え、解説しているのが特徴です。
(注:但し大アルカナを7枚ずつで捉えたのはレイチェル・ポラックが最初ではありません)
また、カードの解説という側面もありながら、図像解説の面も兼ね備えていますので、カードの解説だけで良いと思う人は『タロットバイブル』でも充分かもしれません。

示唆も書かれてはいますが、見つけにくいです(特に大アルカナ)し、キーワード形式ではありませんので、タロット占いに程度慣れて来た人が視野を広げる為に使うのがお薦めです。

書籍の構成としては、以下の通りです

●『第1部 大アルカナ』では、最初の2章で大アルカナに対する著者の考察が述べられています。
この考え方は極めてユニークでありながら、タロットカードがどのようなものであるのかを理解する手がかりとなるでしょう。
以下、第3章~第6章を使い、大アルカナを解説してゆきます。
個人的には各章冒頭の読み物も(読み飛ばしがちだと思いますが)お薦めです。

●『第2部 小アルカナ』ではイントロダクションでウェイト版タロットおよび小アルカナに関する興味深い考察(必読です)がなされた後、小アルカナに対する解説が第7章~第10章に渡って掲載されています。

●『第3部 リーディング』では、タロットリーディングに関する著者の考え(必読です)がなされた後、ケルト十字、ワーク・サイクル(オリジナル)、生命の木の三スプレッドをサンプルリーディングを交えながら細かく紹介しています。
第3部の最終章である第12章には、タロットリーディングをどのように活かすかという著者の考えおよび瞑想(パスワーキング)に関する情報が掲載されています。

タロット占いのご依頼をお待ちしております

-

Copyright© TarotNavi , 2017 All Rights Reserved.