『78枚で占うタロット読み解きBOOK』Lua著

更新日:

この本は【初心者向】です。
リーディング実例である【サンプルリーディング】を主に掲載しています。

タロット占い初心者に人気のある78枚のカードで占う、いちばんていねいなタロットの著者であるLua先生によるタロット解説本。
『78枚で占うタロット読み解きBOOK』の特色は「読み解きBOOK」の名のとおり「占い方」というよりは「タロットの読み解き方」にフォーカスがあたっている点にあります。
「タロットの読み解き方」と言ってもピンと来ない方はtarotnaviの『質問箱』のような感じとお考え頂ければ分かりやすいでしょうか。
タロットを解説した本が多い中、タロット占いで躓きがちな疑問を中心に解説した書籍は例がありませんので、参考になるところもあると思います。

『78枚で占うタロット読み解きBOOK』「タロットの読み解き方」が中心に構成されています。
従って全くの初心者が最初に買うというよりは、他の書籍やタロット講座などで勉強をしながら練習をした方が疑問に感じたときに「Lua先生ならどう答えるだろう」が知りたいなら手元に置く事をお薦めします。
解説の中にはLua先生独自のお考えも散見されますが『78枚のカードで占う、いちばんていねいなタロット』でLua先生のファンになった、という方は購入を検討されても良いと思います。
Introductionを含む各ChapterにはColumnが添えられており、参考になりますので、そちらもおよみになられると良いと思いますよ。

Introduction タロット占いの基本

Introductionでは『タロットで占うってどういうこと?』『タロット習得の「壁」を超えるには』などの疑問に答えた後、大小アルカナの簡単な解説およびスプレッドの解説が掲載されています。
『78枚のカードで占う、いちばんていねいなタロット』ではChapter1で大アルカナ・Chapter2で小アルカナを解説していましたが『78枚で占うタロット読み解きBOOK』では大アルカナが5ページ、小アルカナが各スート2ページとコンパクトな解説にとどまっています。
とはいえタロット解説は『78枚のカードで占う、いちばんていねいなタロット』など他のタロット本で補完すれば良いという考え方も出来ますし、解説を減らした分、読み解き方の解説にページを割いた構成と言うことも出来るでしょう。
スプレッドは「ワンオラクル・スリーカード・沢一・ヘキサグラム・ケルト十字・ホースシュー・ホロスコープ①・ホロスコープ②・ハートソナー・カレンダー」が掲載されています

Column 言葉のつむぎやすさでカードを選びましょう

Chapter1 初級編

各Chapterは「初級・応用・中級・つまずき解消・上級」と分かれていますが、ご自身のスキルに拘らず、ご自身が疑問に感じた項目をチェックされるのが良い使い方かと。

1.はやくカードになれてスムーズに占えるようになりたいです
2.丸暗記が苦手・・・1枚1枚理解しながら覚えられますか?
3.よく似た大アルカナのカードを読みわけられません・・・
4.テキストがないと小アルカナの意味がわかりません
5.自分に都合のいい解釈をしがち・・・的確に答えを出すには?
Column タロットノートは上達の必須アイテム

Chapter2 応用編

『応用編』には『78枚のカードで占う、いちばんていねいなタロット』にも記述のあった「イレブンタロット」や「数で小アルカナを見分ける」技法が紹介されています
イレブンタロットはLua先生独自の考え方ですが、考え方のひとつとして採用しても良いかもしれないですね

6.覚えにくいカードをすぐに読めるようにするには?
7.テキストの意味にとらわれてかたい言葉しかうかびません
8.大アルカナの意味が抽象的で質問に併せて応用しずらいです
9.絵柄を見るだけで読み解きの手がかりを見つけられますか?
10.コートカードがみんな同じように見えてしまいます
11.気になることの多い人間関係を簡単に占えませんか?
12.スプレッドをどこから読み解けば良いか迷ってしまいます
13.スプレッドのなかでどのカードがカギなのかわかりません
14.重要な組み合わせのカードってありますか?
15.スプレッドのカードの意味をつなげられません・・・
16.逆位置ばかり出ると読み解きかたがわからなくなります
Column ユニークなタロットカードたちを集めるのも楽しい!

Chapter3 つまずき解消編

『つまずき解消編』は中級者にありがちなつまずきを特集しています。
(※注 ここでの「中級者」という区分はLua先生によるものです)

17.いつも同じ意味しか引き出せないカードがあります
18.カードをたくさん並べるスプレッドが読み解きにくいです
19.いい言葉が思い浮かばず占いに時間がかかってしまいます
20.逆位置の意味まで覚えられず読み解きが止まってしまいます
21.小アルカナの読みはどれも似たりよったりになります
22.人が描かれていない小アルカナのAが読み解きにくいです
23.明らかにあたっていないと感じるカードが出たときは?
24.どうしても読めないカードが出たときにヒントがほしい!
Column 別の占いをプラスすることでメリハリが生まれます

Chapter4 上級編

『上級編』は上級者にありがちなつまずきを特集しています。
(※注 ここでの「上級者」という区分はLua先生によるものです)
質問28の「占いの精度を上げる」回答として占星術の併用をLua先生が推奨されていらっしゃることについて。
タロットには「占星術記号」が付けられていますけれど、私達が「西洋占星術」として認識しているアラン・レオ以降の現代占星術とタロットの思想背景の西洋魔術は「似ているけれど違う」事を十分に理解した上で「どう使うか」を各自お考えになられることを推奨いたします。
(※タロットと占星術がどのような関係にあるかに付きましてはタロットと占星術の照応に記述致しましたので、ご参照になられてください)

25.恋、仕事、お金についてもっと的確に答えがほしい!
26.占った結果から新しい疑問が出てきたときはどうすればいいですか?
27.質問にぴったり会った占いがしたいです
28.占いの精度を上げる為の裏技ってありますか?
29.ホロスコープスプレッドは読み解くことが多くて「なんとなく」になりがち
30.人を占うときに気をつけるポイントは?
Column タロットパーティで楽しくリーディング力をアップ!

Chapter5 実践編

Chapter5には、実際の鑑定例が掲載されています。
ご依頼文・展開結果・鑑定結果が掲載されていますので「どんなふうに読むのか」の参考にしても良いですし、ご依頼文と展開結果だけを見て自分でもリーディングをし、鑑定結果と照らし合わせてみるのも良いでしょう。
使い方によってスキル向上に寄与すると思いますよ。

鑑定例1.収入をあげるにはどうすればいい?
鑑定例2.気の合う友達が欲しいです
鑑定例3.最近、なんとなく体力が落ちています
鑑定例4.仕事のメールはどんな文章にすべき?
鑑定例5.ネット記事の閲覧数を上げたいです
鑑定例6.義母の存在がストレスです
鑑定例7.受験生の子にどのように接したら良いですか?
鑑定例8.2年以内に結婚したいんです
鑑定例9.突然の異動に戸惑っています・・・
鑑定例10.運命の人に出会うには?
鑑定例11.最近、急に肌の感想がきになっています
鑑定例12.希望の部署で仕事がしたいです
鑑定例13.子どもを望みつつ、犬も飼いたいです
鑑定例14.私のいるべき場所はここなのか迷っています
鑑定例15.お金のことで夫とケンカをしてばかり・・・
鑑定例16.1年間の運勢が知りたいです!
鑑定例17.第二の人生はどのような運になりますか
鑑定例18.来月運勢はどうなる?
鑑定例19.3連休はどんな運気になりそう?
鑑定例20.好きな人がなにをかんがえているか分かりません
鑑定例21.職場における自分の立ち位置に悩んでいる
鑑定例22.いまひとつ、自分に自信が持てません・・・
Special Column Luaの鑑定ルームへようこそ

タロット占いのご依頼をお待ちしております

-

Copyright© TarotNavi , 2019 All Rights Reserved.