『鏡リュウジのタロット占い』鏡リュウジ著

2017/11/19  

冒頭で鏡先生は、この本を「カンニングペーパー」である、とお書きになられていますが、個人的には初心者が「カンニングペーパー」として使うのは若干ハードルが高く、ある程度リーディングが出来る人が示唆の幅を広げるには、ちょっと物足りないように思います。

『いちばんやさしいタロットの教科書』ルナ・マリア著

2017/11/20  

ウェイト版・マルセイユ版それぞれがフルカラーで紹介されており、正逆それぞれのキーワードが示されている点はとても良いと思います。
タロットに描かれている象徴に対する解説が掲載されず、キーワードとキーワードに対する説明が正逆ともに掲載されていますから、タロットの雰囲気を知りたいという人にはうってつけの1冊といえるでしょう。

『タロット占い完全マニュアル』浅野太志著

2017/11/20  

本書は後発本であるが故に「損をしている」部分が多いかな、というのが読んでの感想です。
個人的には「完全マニュアル」と言う言い方や「タロット占いに革命をもたらす」というキャッチコピー、ユニバーサルウェイトをベースにしたオリジナルの解釈(他の書籍では見たことがない)と「問題点」もありますし、「完全」と謳ってしまったが故に初心者向けと捉えると色々書かれすぎていて混乱しそうではありますが、もう少し評価が高くても良いんじゃないかな・・・とは思います。

『いちばんやさしいタロット・リーディングの教科書』手賀啓介著

2017/11/20  

タロット解説も行われていますが、この本のメインはいわゆる「サンプルリーディング」と呼ばれるもので、著者の手賀先生が例題を示しながら1枚ずつリーディングの結果を示しています。

『自在タロット』イーデン・グレイ著

2017/11/20  

タロットの母と言われるイーデン・グレイ先生による「タロット3部作」の3冊目です。
前作『皆伝タロット』より若干解釈・解説が丁寧であること、カバラ・数秘術の解説を外して占星術中心の解説としているところ、サンプルリーディングが丁寧に行われているのが特徴となっています。
翻訳本ならではの読みにくさはあると思いますが、購入して損の無い一冊だと思います。

『皆伝タロット』イーデン・グレイ著

2017/11/20  

タロットの母と言われるイーデン・グレイ先生による「タロット3部作」の2冊目です。
前作『皆伝タロット』より解釈・解説が丁寧であるにも拘わらずレイアウトに工夫がなされ、解釈・解説は書籍の半分くらいにとどまり、残りの半分を使って生命の木や数秘術、占星術とタロットの対応などを駆け足ながら紹介しています。

『啓示タロット』イーデン・グレイ著

2017/11/19  

オカルトや心理学関連の書籍を取り扱う書店を経営しながら書き上げられたこの本が、現代タロット占いの礎を築いたといわれる記念碑1冊です。
掲載されている解釈・解説は他のタロット本に比較しても簡素ですが、タロット占いの歴史を開いた1冊ですので、参考にしてみるのも良いかもしれません

『タロットバイブル』サラ・バートレット著

2017/11/19  

描かれているのはウェイト版タロットをベースとしている、 Lo Scarabeo社から発売されているUniversal Tarot (Lo Scarabeo Decks)(同名のタロットはUSGAMES社などからも発売されていますのでお間違いなく)であり、オリジナルのウェイト版とは描かれ方が異なります。

『上級タロット占術』アレクサンドリア木星王著

2017/11/19  

本書でタロット画像として使われているのは『カグリヨストロのタロット』および『スカピーニのタロット』です。
「正義」が8「力」が11、小アルカナが絵札ではない、いわゆるマルセイユ系配列でありながら、解釈は木星王先生独自のもの、という印象を受けます。

『秘伝タロット占術』木星王著

2017/11/19  

木星王先生による新旧様々なタロットカードや、執筆当時活動していた占い師の紹介にはじまり、大小アルカナの解釈、比較的簡単なものから複雑なものまで複数のスプレッドの紹介をしている良心的な一冊。
僅かではあるものの、コンビネーションリーディングに関する紹介もあります。

Copyright© TarotNavi , 2019 All Rights Reserved.