「ブックレビュー」一覧

『タロット 未来を告げる聖なるカード』A.T.マン著

2016/08/09   -

1996年発行で古書扱いですが、タロットの解説書の古典的な一冊といって良いでしょう。
「です・ます」調ではなく「だ・である」調であり、改行も少ないのでとっつきにくい印象はあるものの、RWSに描かれた象徴を分かりやすい言葉で解説しています。

『簡単でわかりやすいタロット占い』LUA著

2016/08/09   -

大アルカナは3つ、小アルカナは1つのキーワードを掲出し、そのキーワードをベースに、絵解きをする感じで読んでいます。個人的にはカードの中を案内してゆくスタイルはとても良いと思います。「タロットカードに描かれている世界」の中を旅をしてみたいとお考えの方にお薦め出来そうです。

『もっと本格的にカードを読み解く 神秘のタロット』吉田ルナ監修

2016/08/09   -

この本の見どころは大小アルカナのカード1枚ずつをフルカラーで紹介しながら「カードの見どころ」を紹介している点にあります。
カードの象徴を紹介している書籍は他にもありますが、フルカラーで紹介している書籍は恐らく国内では、この本だけと言えるでしょう。
カードに何が描かれているのかを知る為の一冊としてお薦めします。

『スグヨミフレンドリータロット』いけだ笑み著

2016/08/09   -

ホラリー占星術の第一人者として知られるいけだ先生が執筆をされていらっしゃいます。
160Pで2100円と「高額いかな?」と思わなくもありませんし、一部内容に問題があると思える箇所もあるものの、タロット入門者にお薦め出来る一冊といえるでしょう。

『ザ・タロット』藤森緑著

2016/08/09   -

若干の問題点はあるものの、ウェイト版タロットを学ぶ入門書としてお薦めの一冊。

『もっと本格的にスプレッドを極める 魅惑のタロット』吉田ルナ監修

2016/08/09   -

この本の見どころは大小アルカナのカード1枚ずつをフルカラーで紹介しながら「カードの見どころ」を紹介している点にあります。
カードの象徴を紹介している書籍は他にもありますが、フルカラーで紹介している書籍は恐らく国内では、この本だけと言えるでしょう。
カードに何が描かれているのかを知る為の一冊としてお薦めします。

『タロットスピードレッスン』アレクサンドリア木星王著

2016/08/09   -

日本のタロット界の草分け的存在である木星王先生によるサンプルリーディングを中心とした一冊。
「愚者はストップカード」のように、他ではあまり見かけない解説もあるものの、掲載されているリーディングは「なるほど」と思えるものもあり、学べるところのある一冊といえるでしょう。

『タロット教科書2』栄チャンドラー著

2016/08/08   -

普段あまり目にしない珍しいスプレッド(展開法)が多数紹介されています。
プロの占い師でもケルト十字だけで占うという方もいらっしゃるように、 掲載されているスプレッドを知らなければプロになれない、ということは無いと思います。

『はじめてでもよくわかるタロット占い入門』森村あこ著

2016/08/07   -

アルケミアタロットの製作者である森村あこ先生によるタロット解説書です。
アルケミアタロット専用の解説書ではなく、ライダー・ウェイト版タロットとアルケミアタロット、およびマルセイユタロットの解説を総合的にしている一冊です。

『初めてのタロットカウンセリング 仕事・人間関係編』ステラ・ボンボヤージュ他著

2016/08/07   -

本書は『初めてのタロットカウンセリング恋愛編』の姉妹本であり、掲載されている内容が仕事・人間関係のほうにシフトしている以外の基本構成は『初めてのタロットカウンセリング恋愛編』と一緒です。
ただ『初めてのタロットカウンセリング恋愛編』より後に編集されたということもあって、個人的には読みやすい印象があります。

Copyright© TarotNavi , 2017 All Rights Reserved.